総量規制外のカードローン

カードローン比較サイト一覧

総量規制外のカードローンについて

お金を借りようと思った時に気になる事のひとつに総量規制というものがあります。
これは一体何かというと消費者金融などがお金を貸す時は借り手の年収の3分の1以内までしか融資してはいけないというものです。

ですが、すべての金融機関でこの総量規制があるわけではないです。それは一体どこかというと銀行です。ですから、銀行のカードローンを利用してお金を借りれば総量規制は対象外ですので融資してもらえる額が年収の3分の1以内という縛りはないです。

なので、これまで総量規制で借りたい金額を借りれなかったという方はぜひ今後は銀行のカードローンを利用されると良いです。

金利が高いカードローンは避ける

金利が高いカードローンを避けるようにすると、借入自体はかなり楽になって行きます。少しでも借りている金額を少なく返済していきたいなら、金利を小さくして利息を減らすことが大切です。なるべく金利を小さくできる商品を選べば、利用することに苦労することは無くなります。
返済のことを考えてカードローン比較をし選ぶことが必要であり、返済に対してあまり考えていないのは大きな問題を生み出す可能性があります。後から返済が辛くてまた借りてしまったということが無いように、返済をしやすい低金利のカードローンを選ぶことが必要となります。

カードローンは主婦でも利用できるか

主婦の方でカードローンを利用したいと思っても、まず自分にもカードローンというのは利用ができるのかという不安があるのではないでしょうか。ですからその不安に対する答えをこれから述べたいと思います。
まず主婦の方でも、パートだったりアルバイトで収入があるという方は問題なくカードローン利用ができます。ただ専業主婦でご自身に全く収入がないと、かなり使えるカードローンというものは絞られてくると言えるでしょう。また借り入れができるカードローンがあっても旦那の収入証明は必須でしょうし、借り入れ金額もあまり多くはないでしょう。

カードローンの審査を通る為に大事なこと

消費者金融系や銀行系のカードローンを申込むと、必ず貸付可能かどうかの審査が行われます。審査結果の連絡が入るまでは、非常に不安な気持ちになるものですが、カードローンの審査が通るか否かの最初の入り口が、申込み本人の属性についての部分となります。

カードローンの審査で確認される属性とは、どんな内容であるのかを見ていきます。
具体的には、年齢・性別・職業(正社員、契約社員、パート・アルバイト、自営などの分類)・年収・住居(持ち家、賃貸などの分類)、勤務先(規模の大小)・勤続年数・婚姻・家族構成・固定電話の有無などです。

そして、これらの情報をスコアリング(点数化)して、総合点を元に審査が行われていくのです。勤務先は、規模の大小だけでなく業種も関係してきます。業種によっては不利になるケースもあります。また職業も大きくスコアリングが変わってきます。正社員がもっとも高く、以下契約社員、パート・アルバイトと続きますが、自営の場合にはまた違った観点からのスコアリングになっていきます。

審査に於いて、大きく関わるのが年収と勤続年数です。年収は、多いに越したことはありませんが、情報登録の際に、嘘を記入しても後々収入証明を求められることが多いので、正直な金額でなければなりません。良く銀行系のカードローンで、限度額200万円までは収入証明不要とされていることがありますが、実際には提出を求められるケースが多く見られますので、注意しましょう。

勤続年数は、長ければ長いほどスコアリングは当然高くなります。勤続年数が長い=安定した収入が見込めるとハンダンされるからです。勤続年数1年未満の場合は、マイナス要素になりかねません。また、収入は貸付限度額の決定に大きく影響します。消費者金融系カードローンの場合、収入の1/3迄しか貸付出来ないという、貸金業法の総量規制という法律が適用される為です。どんなに大きな限度額を希望しても、それ以下に抑えられます。他に既に借入がある場合には、その残高も含めての金額になりますので、注意が必要です。逆に銀行系カードローンの場合は、総量規制対象外であることも意識しておいた方が良いでしょう。カードローンを申込むにあたっては、自分にどちらが向いているのかも、考える必要があります。

カードローンの審査が通る為の大事なことは、自身の属性から算出されるスコアリングを高めることに加え、他社からの借入残高が無い、若しくは少ないことです。限度額の大きなカードローンへ切り替えを考えている場合などでは、この点を意識して借入残高が大きくならない段階で、検討・申込みを進めていくことも大事になってきます。

収入証明なしで大きな金額を借りるには

総量規制はキャッシングの利用者を保護する規定であるため、貸金業者にある義務を課しています。それは利用者の年収を調査する義務です。貸金業者は利用者の融資希望額が50万円を超えるとき、必ず年収の調査をしなければいけません。言い換えると、利用者は50万円を超える金額を借りたいとき、必ず収入証明書を提出しなければいけないのです。総量規制外のカードローンにはこの義務は発生しないので、収入証明不要で借りられる金額も高く設定されています。オリックス銀行カードローンでは、300万円までは原則として収入証明不要で借りられるようになっています。

審査・所得・収入証明書一覧表

即日融資対応の消費者金融

消費者金融無利息審査時間所得・収入証明書
アイフルなし最短30分50万円超
または
他社含め100万超
アコム30日間最短30分借入総額により必要
モビットなし最短30分50万円超
プロミス30日間最短30分50万円超

総量規制対象外銀行カードローン

金融機関即日対応審査時間所得・収入証明書
三菱東京UFJ銀行バンクイック最短30分100万円超
みずほ銀行カードローン‎
※Web完結
最短即日審査200万円超
オリックス銀行カードローン最短即日審査最短即日審査300万円超
新生銀行レイク最短30分100万円超
PAGETOP
Copyright © カードローン比較サイト一覧 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.